阿部浩子の育児日記 NEW!

アクセスカウンタ

zoom RSS 国際学級が拡大します@

<<   作成日時 : 2016/08/02 11:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 現在、港区では、2012年度から外国籍の児童を対象に、港区立東町小学校で国際学級を開設しています。

 東町小学校は、2011年度には全校児童65名から、2016年では415人となり、人気校になっています。

 この国際学級は、2008年9月18日の本会議で、私が外国籍の子どもたちのために、英語で授業が受けることができる国際学級の設置を提案し、その質問がきっかけとなって、国際学級が始まりました。

 国際学級が始まり、東町小学校を希望する児童も増加し、現在では、校舎を増築して授業を行っています。

 「東町小学校の国際学級を、もっと他の小学校に拡大してほしい」と多くの保護者からご意見が寄せられ、議会の中で何度も質問してきました。

 来年29年4月からは、隣接している港区立南山小学校で、新1年生を対象に国際学級が設置される予定です。

 平成30年以降、毎年新1年生に拡大していくというものです。

 国際学級は、外国籍の児童が対象になっています。

 国語・算数・社会において、別室でESC講師に英語で授業を受けるというものです。

 南山小学校は、現在136人の児童が通っています。

 各学年が1クラスで、1年生から6年生までの縦割り授業もあり、アットホームでいい学校です。

 9月1日に広報みなと等で、国際学級の拡大について、掲載され、9月から保護者にも説明会が開催されます。

 8月1日の区民文教委員会で、国際学級の拡大について、報告がありました。

 私は、今まで国際学級の拡大を求める多くの区民の方の声をきいてきました。

 また、東町小学校の保護者アンケートでも他校にも国際学級を求める意見が多くでていました。

 しかし、南山小学校の保護者には、小規模校としての校風がとても気に入っているという意見もあります。

 その校風が変わってしまうのではないかと気にする保護者の方もいらっしゃると思います。

 保護者のひとつひとつの疑問や課題を丁寧にこたえていかなければ、公教育としての国際学級は成功しないと思います。

 PTAや学校で配布するお手紙も、東町小学校と同様、英語と日本語になります。

 英語の部分については、ESC講師の指導があるというものの、不安に思う方もいらっしゃると思います。

 ひとつひとつの課題や疑問を解決し、多くの方から喜ばれる取り組みになってほしいと願っています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
国際学級が拡大します@ 阿部浩子の育児日記 NEW!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる