阿部浩子の子育て日記 NEW!

アクセスカウンタ

zoom RSS 米軍麻布ヘリポートの早期撤去を

<<   作成日時 : 2015/02/17 09:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像 2月12日(木)、「米軍ヘリポート基地に関する要請行動」です。

 港区長と一緒に私も防衛省と東京都庁に行ってきました。

 写真の右端が私です。

 港区には、23区で唯一の米軍基地(赤坂プレスセンターとニューサンノー米軍センター)があります。

 赤坂プレスセンターには、ヘリポートがあり、区民、特に近隣住民は、米軍へリコプターの騒音に悩まされ事故発生の不安を抱えています。

 港区は、区内にある米軍基地(赤坂プレスセンター)の返還並びに臨時へリポートの原状回復・返還を求め、平成16年から、国、東京都、米国に対して要請行動を行っています。

 区議会からは、議長・副議長・各会派代表5名で、防衛省では、地方協力局地方調整課長に、東京都では、都市整備局長に面会し、撤去要請をしてきました。

 内容は、平成23年7月29日、日米合同委員会の合意に基づき実施された土地の返還は、港区と港区議会が長年求めていた地元自治体との願いとは程遠いこと。

 一昨年の沖縄、三浦市での米軍ヘリコプターによる重大な事故があったこと、1月15日沖縄で米軍ヘリが200キロものミサイル等の部品を会場に落下させたこと等、人命にかかわる惨事につながりかねない事故が繰り返し発生していることで、港区民も不安に思っていること、さらに基地があることにより米軍人による犯罪事件に近隣住民が巻き込まれる恐れがあることなどです。

 港区と港区議会は、区民の安全で安心な生活を守るため、ヘリコプター基地の早期撤去を目指し、防衛省においては、米軍に対し、ヘリコプター事故の再発防止並びに規律の保持、教育の徹底を求めること、また、国の責任において騒音等の実態調査をすること、早朝夜間の飛行をはじめとする騒音被害の軽減をするとともに、改めて基地撤去の尽力をいただきたいということを要請してきました。

 私は、昨年も防衛省で、「麻布ヘリポートへのオスプレイ飛来について」質問しましたが、昨年は「情報はつかんでいない」とのことで、今年も米軍から情報提供がないとのことでした。

 オスプレイは試作段階から事故の発生が多い飛行機です。
 
 もし、麻布ヘリポートに飛来し、事故が起きたら大惨事につながります。
 国では、来年度予算でオスプレイ5機540億円で購入する予算を組んでいます。
 また、近隣では、横須賀基地や厚木基地にも飛来しています。

 私は、港区の住民が米軍ヘリコプターの基地があることで、事故、騒音、テロの脅威等、常に危険にさらされていることをよく理解していただき、一日も早い撤去をお願いしたいことを防衛省でお話しさせていただきました。

 防衛省の地方調整課長は、影響を少なくするために取り組んでいくこと、米軍にも申し入れをしていくことなどをお話しされましたが、基地の撤去については困難だという見解でした。

 毎年の撤去要請ですが、継続は力なりでこれからも一日も早い米軍ヘリポートの撤去を目指していきます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
米軍麻布ヘリポートの早期撤去を 阿部浩子の子育て日記 NEW!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる